読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

入江が蓮見

蟹といえば殻をむくのが面倒ですよね。

そんな方にオススメなのが、殻が向いてあって食べやすく、量も多いポーションタイプの商品です。
新鮮で美味しいのはもちろん活蟹ですが、身をさばいたり、殻を剥いたりしなければならず、手軽さはありません。
どうすれば蟹を手軽に味わえるのかは永遠のテーマでしたが、その点ではポーションタイプの蟹を通販で取り寄せ、蟹鍋と洒落込むのが最も幸福感を得られる味わい方でしょう。



それと、蟹を一杯丸ごと味わいたいという場合は、通常よりも安価な「ワケアリ」の蟹を買えば、ちょっとお得に蟹を堪能することができます。



今後はこれで決まりですね!モズクガニというといかにも安そうな名前ですが、何と、かの有名な上海ガニと同じ仲間なのです。


上海ガニと似ていないのは背中の黒く細かい模様で、成長しても甲幅8cmほどで、丸のまま利用できるかにです。



重量は全体で170~180グラムが一般的と考えてください。雄より雌の方が大きいのも特長です。昔から日本で多くみられ、食用として案外知られた存在です。テレビでかにの水揚げ風景が中継されるところといえば、北海道と答える方が多いでしょう。実は、それには訳があって、現在、日本で毛蟹を買おうと思えば北海道に限られるのが現状だからです。

その他の産地を挙げる方もいるでしょう。
毛蟹を除けば日本海沿岸でもよく知られた産地を思いつくのではないでしょうか。まずは、ズワイガニ松葉ガニというブランドで語られるほど、鳥取産がおいしいことで知られています。蟹を楽しむなら色んな種類を知っておきたいもの。


人気の蟹の一つとして挙げられるのが、花咲蟹という種類の蟹です。



茹でたときの赤色が花が咲いたように見えるからという由来もある花咲蟹は、全国の中でも北海道の東部、根室や釧路でのみ獲れる珍しい蟹であり、味わいは上質で、煮たり鉄砲汁の具にするなどの食べ方が好まれます。



特徴と言えば硬い殻やトゲの多さ。しかし、身肉にはジューシーで柔らかいという特徴もあり、タラバガニよりやや小さいとはいえ、大型で身のたっぷり詰まった蟹です。

夏から秋の時期にかけて美味しくなるといわれ、7~9月頃の限られた漁期にしか水揚げされない貴重な蟹です。ズワイガニのうち、特にメスのことをセコガニと呼びます。

場所によっては、セイコガニ、香箱ガニといった呼び方もされています。雄を美味しく食べる方法は、カニ味噌もいいのですが、普通よく行われる調理方法は、脚の身をゆでガニ、焼きガニ、鍋などにする方法です。

それとは対照的に、セコガニはコンパクトなため、脚の身はあまりありません。
しかし、味噌と内子と外子がバランスよく含まれており、一般的には、こうしたところをゆがき、いわゆる「珍味」として好まれることが多いです。かに好きな私は、機会さえあれば1年中いつでも食べたいのですが、強いて言えばベストな季節は旬でもある寒い季節ですよね。


我が家でお取り寄せといえば「かに」というほど習慣になっていて、色々な通信販売で注文しては、プリップリで食べごたえ満点のかにで溜まった疲れを吹き飛ばしています。
例年ネットや広告や情報を総動員してみるものの、選ぶ範囲が広過ぎて注文するときになるとどのお店も良く見えてきたりします。

生ものなので信用できるお店の方がいいしそうそう頻繁に買うようなお手ごろ価格な物でもありませんし、払っただけのことがあったと満足できるものであって欲しいです。


そこで結局は口コミの評価を見られるだけ見て、その中で一番評価の良かったところを選ぶと、安心して買い物が出来ますね。今は、通販で多くの種類のかにが買えるものの、タラバガニの人気は衰えないのですが、買う前に十分業者のことを調べてください。


一見間違えてしまうくらい、タラバガニに似たアブラガニという安価なかにがあり、そう簡単には見分けられません。注文したのはタラバガニのはずなのに、アブラガニばかりだったという深刻な話も時々聞きますから、他の食品と同じく業者の信頼性を確かめてください。
ブランド蟹にもたくさんの種類がありますが、私のお勧めは有名なズワイガニです。
蟹らしい旨味が詰まっており、繊細な風味も特筆ものです。ひとたび味わえば、他の種類の蟹はもう食べる気をなくしてしまうかもしれませんね。越前ガニや松葉ガニなど、ズワイガニは産地によって種類が複数ありますが、それを見分けるのが、脚に付けられたタグという目印です。
脚のタグは、ブランド蟹の品質や味の良さを証明するためのものです。蟹の購入で失敗しないためにも、商品を選ぶ際にはタグを確認すればいいのだということを知っておきましょう。
モクズガニはズガニという名前でも呼ばれます。モクズガニという名称ならば分かる人もいるでしょう。この蟹は河川で生息しており、鋏の毛が特色として挙げられます。


また、甲羅が手のひらより一回りほど小ぶりではありますが、にもかかわらず、脚の方に着目すると、長いことが特色です。
主として蟹のお味噌汁であったり、炊き込みご飯であったりといった形で口にされます。

ウチの旦那は昔から蟹が大好きで、シーズンのたびに通販で蟹を注文しては、一人で全部食べてしまうのだから呆れたものです。



でも、主人一人が楽しむより、家族団らんで食べられるように今後はしたいなと思っています。
こういうニーズに合った商品が、冷凍のポーションタイプです。


活蟹とは違い、既に身をさばいて殻も取り除いてあるため、家族で蟹鍋や蟹しゃぶをしたいときにも普通の蟹よりずっと楽に使えます。
これなら、子供のために殻を剥いてあげる必要もなく、存分に蟹の魅力を楽しめます。



お子様のいる家庭にお勧めの商品といえます。

オーミーとササゴイ

ちょっとした臨時収入があり、美味しいものを食べようと思い、通信販売ならすぐ送ってくれるし、食べない手はないと、早速注文してみたのです。あまり期待はしていなかったのですが、想像以上に美味しく、感激しました。考えると嘘みたいですが、インターネットなんてちょっと前にはありませんでしたよね。


でもそんな頃でもかにを食べたいと思う人がいて、かにを送ってくれるところもあったというわけです。

少し前までは、生ものは発送に適さず、冷凍すると味が落ちるといやだと抵抗を感じる人も多かったので、わざわざ好き好んで通販なんかで得体の知れないかにを買わされて、その挙げ句、産地に行って食べるものとの違いが大きく、その辺のスーパーで売っているものよりひどいと聞いて絶対に買うのはよそうと思ったものです。
しかし、冷凍技術や配達のスピード化など様々な進歩により、通販でも十分満足できる品質のものが味わえるようになりました。
一度利用してみては如何でしょう。ネットで見かけた蟹の激安通販が気になって仕方がないとう方は多いように見受けられます。他の蟹通販業者と比べても大幅に安いので、そこだけ見れば利用してみたいと感じるかもしれません。でも、考えなしに利用するのはよくありません。


常識的な範囲を超えるほど安い価格を掲げている場合、通販のていを装った詐欺だったりすることがありえるので注意しましょう。ちゃんとした業者なら口コミやレビューもしっかりしていますから、それを調べてから決めることです。調べずに手を出すと痛い目に遭いかねません。花咲がには高価なおいしいかにですね。

根室の花咲漁港が主な産地のかにの仲間です。

正確に言えばヤドカリだったのです。
といっても、見た目も味もほとんどかになので実に貴重なかにとして取引されるのが普通です。


芳醇な身が特色で、食べ応えもあり、水揚げが少ないのでめったにお目にかからず、一度は食べたい珍しいかにとして全国に知られています。
初めての蟹通販。今まで蟹通販を利用したことがないという方にお勧めなのは、生の蟹よりも冷凍の蟹です。

水揚げ後すぐに茹でて冷凍されたものを選びましょう。

一見、冷凍より生の蟹のほうが美味しいと思うでしょうが、上手く調理すれば冷凍蟹に優るとはいえ、そこそこ手慣れた人でなければ簡単にさばくことができません。それに蟹を茹でるのは大きい鍋が必要だったりして、一般家庭では大変なので、悪いことは言いませんから、ボイル済の蟹を選ぶほうがいいのです。


先日どうしても食べたくなってかにを通販で頼みました。かにをお取り寄せなんて贅沢な話ですが、わざわざお取り寄せをするからにはメリットがあるということです。

家族が食べたいだけのかにを購入するといったい何十キロになるのか、重さ制限がなくいくらでも買えるのはおとりよせでしかありえないですね。心ゆくまでかに三昧のできるほど買ったとしても文句を言う人は誰もいないのです。
宅配便の軽快なフットワークでどんな山奥でも玄関まで丁寧に持ってきてくれます。
冷蔵庫も冷凍庫もいっぱいになってしまうので、できるだけ食べる日に近い日に届けてもらうようにしたいですね。
かなりの重さになるのでそれなりに大変かもしれませんが、、入り口から冷蔵庫までのわずかな距離ですから苦にはなりません。

新鮮なまま名産地から直送された最高の状態のかにを自宅に居ながらにして贅沢に味わえることがかにをお取り寄せする一番のメリットと言えます。蟹の種類の一つである渡り蟹。
正式名をガザミという、内湾に生息する大型の蟹で、かつては東京湾でも獲れたそうです。

現在では有明海や瀬戸内海などに分布していますが、最近は国産に加えて中国などの輸入品も多く出回っています。最高級品は甲幅30センチにも達する、かなり大型の蟹であり、蟹肉や蟹ミソ、そして卵巣など、捨てるところのない美味の塊として知られており、各地で食用蟹の代名詞として愛されてきた歴史があります。様々な食べ方が楽しめる渡り蟹。


中でも茹で蟹や蒸し蟹にして食べるのが古くから最も一般的とされましたが、パスタや味噌汁の具、また韓国のチゲの具材としてもよく使われます。

ズガニという蟹を知っていますか。
この蟹の正式名称はモクズガニです。



どちらかというとモクズガニの方が分かる人もいるでしょう。

増大野郎!このやろう!自信満々

これは河川で漁獲されるカニの一つで、毛の生えた鋏がトレードマークです。甲羅が掌より少し小さいサイズなのですが、実は脚が長いことが特徴です。専ら蟹のお味噌汁であったり、炊き込みご飯であったりといった形で口にされます。通販でかにを買う方にはタラバガニは不動の地位を占めていますが、購入するときには気をつけてください。
アブラガニという安価なかには、タラバガニにそっくりです。
ちょっと見ただけでは、間違えてしまいます。タラバガニだと信じて買ったら、何か違うと思ったらアブラガニだった深刻な話も時々聞きますから、まずは口コミなどをよく調べ、お店の評価もしっかり確認してください。

どんな毛蟹を選んだらよいか、いくつか挙げてみましょう。


まずは、寒い時期に獲れた毛蟹を選んでください。大きめで、身がよく詰まった状態で獲れる冬は、この時期に獲れた個体を買いたいものです。



加えて、外せないのは見た目の色艶、持ったときの量感です。通販では難しいですが、できるだけ新鮮そうな、重たいものを選びましょう。手応えのあるかには身がしっかり詰まっています。

実店舗でも通販でも、評価の高いお店を探すことで新鮮で身が詰まった個体に出会いやすいと言えます。

今年も蟹のシーズンがやってきました。

蟹通販を利用すれば、いつでも色々なタイプの蟹を注文できます。



あとは自宅に届くのを待つだけで、お手軽に蟹を味わえます。
しかし落とし穴もあります。

今や、蟹通販の業者は多数におよび、そのすべてが信用できる商売をしているとは限りませんから、気を付けて選ばないと「ハズレ」を引いてしまいます。

本当に新鮮な蟹を売っている業者は限られています。
なんといっても「産地直送」は大事です。それを掲げている業者を選びましょう。良い業者を選ぶことができるかどうか。
それにより、品質や味のほうにも大きく違いが出るのです。

スパニッシュ・マスティフのウグイス

テレビでかにの水揚げを中継するころにはかに好きならずとも、食べたくなるでしょう。真冬にかに鍋にして食べれば、一度食べれば、忘れられないおいしさですね。
そこで、もし時間とチャンスがあれば、かにをスーパーなどで買うと少々もったいないので、一番近い市場に行ってみるとよりとれたてに近いかにを入手できるでしょう。

ちょっと時間はかかりますが、通販で買うのも近頃では常識です。
今も昔もグルメの代表格である蟹。
お得に蟹を買いたい方は、断然、丸ごとで買うのがお勧めです。丸ごとよりも、脚だけなど「不完全」なセットがよく安いと思われているようですが、それなりの品種と大きさで妥協すれば、丸ごとでも脚だけのセットよりよほど安かったりします。お勧めするのには理由があります。

だって、蟹の美味しい食べ方といえば、たっぷりのお湯で蟹を丸ごと茹でること、これがベストです。この調理法なら、蟹の旨みを身に閉じ込めることができて安い蟹でも十分に蟹らしい風味を味わうことができますよ。

ズワイガニというと、ズワイガニに比べたらおいしくないともっともらしく言われますがそれは言い過ぎでしょう。紅ズワイガニを食べたとき、他のかによりはずればかりだとしたら今までおいしい紅ズワイガニにあたったことがないためでしょう。



本当のところ、新鮮な紅ズワイガニならおいしいということを知っておいてください。なかなか新鮮なものを食べられないためおいしくないと思われているのかもしれません。


通販だと、お店で買うのと違って持ち帰る負担がないので好きなだけ買えるのはいいですね。
まとめ買いのサービスを利用すれば、びっくりするほど安く買えることもあるようです。目一杯の値引をねらっている方は、近所のかにが好きなご家庭に声をかけ、自分が中心になって通販に申し込み一括購入するという大技を狙ってください。当然ですが、その結果として、配送されたときには全てのかにはお宅にあるわけで、本当に全部置いておけるのか、確認しておきましょう。よい毛蟹とは?考えたことがありますか。まずは、寒い時期に獲れた毛蟹を選んでください。



寒い時期は、大きく身がぎっしり詰まった毛蟹が最もおいしい時期です。
見て選ぶとき大切なのは見た目の色や大きさ、持ってみてズシッとくるかです。
通販では難しいですが、できるだけ新鮮そうな、重たいものを選びましょう。身が詰まっている様子は見た目にもわかりますし、持ってみれば直に感じられます。

また、店舗での購入、通販を問わず、評判のいいお店ははずれは少ないと考えられます。実際に蟹通販を利用する場合、最適なのは活き蟹か冷凍か、はたまたポーションかと、悩んでしまう人もいるでしょう。どちらがいいかは、結局はどういう食べ方をしたいかによって違います。

家族で蟹鍋を囲みたいといった場合、既にボイルしてあるポーションタイプの蟹が楽でいいでしょう。
蟹しゃぶの場合は蟹鍋とはまた異なり、生冷凍か活蟹を選択するのが最も美味しく味わえます。蟹の味わい方によって適した商品も変わってくるので、それを意識すれば、便利な蟹通販をさらに快適に利用することができるのです。よくお得で便利だと言われる蟹通販。その利用時に、皆さんが利用を躊躇する理由があるとしたら、本当に新鮮な蟹が届くのかということでしょう。

皆さんがこれまで蟹通販で蟹を買ったことがないのなら、あまり新鮮ではなさそうな印象を抱いているかもしれません。


でも、実を言うと、通販だったら新鮮さが落ちるなどということはないのです。考えてみてください。蟹通販は漁港から直送で蟹を送ってくるので、スーパーなどの店頭に並んでいる蟹と比べても鮮度が落ちないまま自宅まで届けられるのです。寒い冬、美味しいものは数々あれど、味でも価格でもトップを譲らないのは、かにですね。名産地の出所確かなかにを送ってもらうのがいいに決まってます。かにの通販では、多種多様なかにの取り扱いがあって、どれを選んだらいいか迷いますが、頭においておきたいポイントは3つです。


初めに考慮に入れるべきは、当然のことながら産地です。



有名なかにの産地は、旅行先としても大人気ですが、旅行しなくても有名産地のかにを食べたい人のために販売もしてくれるところもあり、ありがたいですね。



産地が決まったら、いかに早くそこから届けてもらうかを考えることです。
そして3点目がお店を選ぶのに口コミやレビューを参考にすることです。これらを基に購入すれば、失敗する確率は低くなると思います。

今、食べられるかにの中で、一押しはとしょっちゅう聞かれますが、勧めるのはズワイガニで、決して変わりません。ズワイガニのすごいところは、産地の名がそのままブランドになっていることです。

地域で有名なかにばかりで、皆さんご存じの松葉ガニや越前ガニなど、地域の名前入りのタグをつけたズワイガニは文句のないおいしさです。


お値段高めはご容赦いただいて、そうしたブランドのかには味噌もおいしいのです。通販でズワイガニを買ったことはありますか?訳あり商品はないか、良く探してくださいね。


ほとんどの通販では、訳ありの理由を示していますが、サイズが大きすぎるか小さすぎるものや、食べても問題がない程度の傷がある品などで、味に問題はないものばかりです。それなのに、値段はものすごく安いのです。

大きさや見た目を気にしないなら、訳あり商品をねらっていくのがかに通販の達人と呼んでいいでしょう。