読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーミーとササゴイ

ちょっとした臨時収入があり、美味しいものを食べようと思い、通信販売ならすぐ送ってくれるし、食べない手はないと、早速注文してみたのです。あまり期待はしていなかったのですが、想像以上に美味しく、感激しました。考えると嘘みたいですが、インターネットなんてちょっと前にはありませんでしたよね。


でもそんな頃でもかにを食べたいと思う人がいて、かにを送ってくれるところもあったというわけです。

少し前までは、生ものは発送に適さず、冷凍すると味が落ちるといやだと抵抗を感じる人も多かったので、わざわざ好き好んで通販なんかで得体の知れないかにを買わされて、その挙げ句、産地に行って食べるものとの違いが大きく、その辺のスーパーで売っているものよりひどいと聞いて絶対に買うのはよそうと思ったものです。
しかし、冷凍技術や配達のスピード化など様々な進歩により、通販でも十分満足できる品質のものが味わえるようになりました。
一度利用してみては如何でしょう。ネットで見かけた蟹の激安通販が気になって仕方がないとう方は多いように見受けられます。他の蟹通販業者と比べても大幅に安いので、そこだけ見れば利用してみたいと感じるかもしれません。でも、考えなしに利用するのはよくありません。


常識的な範囲を超えるほど安い価格を掲げている場合、通販のていを装った詐欺だったりすることがありえるので注意しましょう。ちゃんとした業者なら口コミやレビューもしっかりしていますから、それを調べてから決めることです。調べずに手を出すと痛い目に遭いかねません。花咲がには高価なおいしいかにですね。

根室の花咲漁港が主な産地のかにの仲間です。

正確に言えばヤドカリだったのです。
といっても、見た目も味もほとんどかになので実に貴重なかにとして取引されるのが普通です。


芳醇な身が特色で、食べ応えもあり、水揚げが少ないのでめったにお目にかからず、一度は食べたい珍しいかにとして全国に知られています。
初めての蟹通販。今まで蟹通販を利用したことがないという方にお勧めなのは、生の蟹よりも冷凍の蟹です。

水揚げ後すぐに茹でて冷凍されたものを選びましょう。

一見、冷凍より生の蟹のほうが美味しいと思うでしょうが、上手く調理すれば冷凍蟹に優るとはいえ、そこそこ手慣れた人でなければ簡単にさばくことができません。それに蟹を茹でるのは大きい鍋が必要だったりして、一般家庭では大変なので、悪いことは言いませんから、ボイル済の蟹を選ぶほうがいいのです。


先日どうしても食べたくなってかにを通販で頼みました。かにをお取り寄せなんて贅沢な話ですが、わざわざお取り寄せをするからにはメリットがあるということです。

家族が食べたいだけのかにを購入するといったい何十キロになるのか、重さ制限がなくいくらでも買えるのはおとりよせでしかありえないですね。心ゆくまでかに三昧のできるほど買ったとしても文句を言う人は誰もいないのです。
宅配便の軽快なフットワークでどんな山奥でも玄関まで丁寧に持ってきてくれます。
冷蔵庫も冷凍庫もいっぱいになってしまうので、できるだけ食べる日に近い日に届けてもらうようにしたいですね。
かなりの重さになるのでそれなりに大変かもしれませんが、、入り口から冷蔵庫までのわずかな距離ですから苦にはなりません。

新鮮なまま名産地から直送された最高の状態のかにを自宅に居ながらにして贅沢に味わえることがかにをお取り寄せする一番のメリットと言えます。蟹の種類の一つである渡り蟹。
正式名をガザミという、内湾に生息する大型の蟹で、かつては東京湾でも獲れたそうです。

現在では有明海や瀬戸内海などに分布していますが、最近は国産に加えて中国などの輸入品も多く出回っています。最高級品は甲幅30センチにも達する、かなり大型の蟹であり、蟹肉や蟹ミソ、そして卵巣など、捨てるところのない美味の塊として知られており、各地で食用蟹の代名詞として愛されてきた歴史があります。様々な食べ方が楽しめる渡り蟹。


中でも茹で蟹や蒸し蟹にして食べるのが古くから最も一般的とされましたが、パスタや味噌汁の具、また韓国のチゲの具材としてもよく使われます。

ズガニという蟹を知っていますか。
この蟹の正式名称はモクズガニです。



どちらかというとモクズガニの方が分かる人もいるでしょう。

増大野郎!このやろう!自信満々

これは河川で漁獲されるカニの一つで、毛の生えた鋏がトレードマークです。甲羅が掌より少し小さいサイズなのですが、実は脚が長いことが特徴です。専ら蟹のお味噌汁であったり、炊き込みご飯であったりといった形で口にされます。通販でかにを買う方にはタラバガニは不動の地位を占めていますが、購入するときには気をつけてください。
アブラガニという安価なかには、タラバガニにそっくりです。
ちょっと見ただけでは、間違えてしまいます。タラバガニだと信じて買ったら、何か違うと思ったらアブラガニだった深刻な話も時々聞きますから、まずは口コミなどをよく調べ、お店の評価もしっかり確認してください。

どんな毛蟹を選んだらよいか、いくつか挙げてみましょう。


まずは、寒い時期に獲れた毛蟹を選んでください。大きめで、身がよく詰まった状態で獲れる冬は、この時期に獲れた個体を買いたいものです。



加えて、外せないのは見た目の色艶、持ったときの量感です。通販では難しいですが、できるだけ新鮮そうな、重たいものを選びましょう。手応えのあるかには身がしっかり詰まっています。

実店舗でも通販でも、評価の高いお店を探すことで新鮮で身が詰まった個体に出会いやすいと言えます。

今年も蟹のシーズンがやってきました。

蟹通販を利用すれば、いつでも色々なタイプの蟹を注文できます。



あとは自宅に届くのを待つだけで、お手軽に蟹を味わえます。
しかし落とし穴もあります。

今や、蟹通販の業者は多数におよび、そのすべてが信用できる商売をしているとは限りませんから、気を付けて選ばないと「ハズレ」を引いてしまいます。

本当に新鮮な蟹を売っている業者は限られています。
なんといっても「産地直送」は大事です。それを掲げている業者を選びましょう。良い業者を選ぶことができるかどうか。
それにより、品質や味のほうにも大きく違いが出るのです。