読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

入江が蓮見

蟹といえば殻をむくのが面倒ですよね。

そんな方にオススメなのが、殻が向いてあって食べやすく、量も多いポーションタイプの商品です。
新鮮で美味しいのはもちろん活蟹ですが、身をさばいたり、殻を剥いたりしなければならず、手軽さはありません。
どうすれば蟹を手軽に味わえるのかは永遠のテーマでしたが、その点ではポーションタイプの蟹を通販で取り寄せ、蟹鍋と洒落込むのが最も幸福感を得られる味わい方でしょう。



それと、蟹を一杯丸ごと味わいたいという場合は、通常よりも安価な「ワケアリ」の蟹を買えば、ちょっとお得に蟹を堪能することができます。



今後はこれで決まりですね!モズクガニというといかにも安そうな名前ですが、何と、かの有名な上海ガニと同じ仲間なのです。


上海ガニと似ていないのは背中の黒く細かい模様で、成長しても甲幅8cmほどで、丸のまま利用できるかにです。



重量は全体で170~180グラムが一般的と考えてください。雄より雌の方が大きいのも特長です。昔から日本で多くみられ、食用として案外知られた存在です。テレビでかにの水揚げ風景が中継されるところといえば、北海道と答える方が多いでしょう。実は、それには訳があって、現在、日本で毛蟹を買おうと思えば北海道に限られるのが現状だからです。

その他の産地を挙げる方もいるでしょう。
毛蟹を除けば日本海沿岸でもよく知られた産地を思いつくのではないでしょうか。まずは、ズワイガニ松葉ガニというブランドで語られるほど、鳥取産がおいしいことで知られています。蟹を楽しむなら色んな種類を知っておきたいもの。


人気の蟹の一つとして挙げられるのが、花咲蟹という種類の蟹です。



茹でたときの赤色が花が咲いたように見えるからという由来もある花咲蟹は、全国の中でも北海道の東部、根室や釧路でのみ獲れる珍しい蟹であり、味わいは上質で、煮たり鉄砲汁の具にするなどの食べ方が好まれます。



特徴と言えば硬い殻やトゲの多さ。しかし、身肉にはジューシーで柔らかいという特徴もあり、タラバガニよりやや小さいとはいえ、大型で身のたっぷり詰まった蟹です。

夏から秋の時期にかけて美味しくなるといわれ、7~9月頃の限られた漁期にしか水揚げされない貴重な蟹です。ズワイガニのうち、特にメスのことをセコガニと呼びます。

場所によっては、セイコガニ、香箱ガニといった呼び方もされています。雄を美味しく食べる方法は、カニ味噌もいいのですが、普通よく行われる調理方法は、脚の身をゆでガニ、焼きガニ、鍋などにする方法です。

それとは対照的に、セコガニはコンパクトなため、脚の身はあまりありません。
しかし、味噌と内子と外子がバランスよく含まれており、一般的には、こうしたところをゆがき、いわゆる「珍味」として好まれることが多いです。かに好きな私は、機会さえあれば1年中いつでも食べたいのですが、強いて言えばベストな季節は旬でもある寒い季節ですよね。


我が家でお取り寄せといえば「かに」というほど習慣になっていて、色々な通信販売で注文しては、プリップリで食べごたえ満点のかにで溜まった疲れを吹き飛ばしています。
例年ネットや広告や情報を総動員してみるものの、選ぶ範囲が広過ぎて注文するときになるとどのお店も良く見えてきたりします。

生ものなので信用できるお店の方がいいしそうそう頻繁に買うようなお手ごろ価格な物でもありませんし、払っただけのことがあったと満足できるものであって欲しいです。


そこで結局は口コミの評価を見られるだけ見て、その中で一番評価の良かったところを選ぶと、安心して買い物が出来ますね。今は、通販で多くの種類のかにが買えるものの、タラバガニの人気は衰えないのですが、買う前に十分業者のことを調べてください。


一見間違えてしまうくらい、タラバガニに似たアブラガニという安価なかにがあり、そう簡単には見分けられません。注文したのはタラバガニのはずなのに、アブラガニばかりだったという深刻な話も時々聞きますから、他の食品と同じく業者の信頼性を確かめてください。
ブランド蟹にもたくさんの種類がありますが、私のお勧めは有名なズワイガニです。
蟹らしい旨味が詰まっており、繊細な風味も特筆ものです。ひとたび味わえば、他の種類の蟹はもう食べる気をなくしてしまうかもしれませんね。越前ガニや松葉ガニなど、ズワイガニは産地によって種類が複数ありますが、それを見分けるのが、脚に付けられたタグという目印です。
脚のタグは、ブランド蟹の品質や味の良さを証明するためのものです。蟹の購入で失敗しないためにも、商品を選ぶ際にはタグを確認すればいいのだということを知っておきましょう。
モクズガニはズガニという名前でも呼ばれます。モクズガニという名称ならば分かる人もいるでしょう。この蟹は河川で生息しており、鋏の毛が特色として挙げられます。


また、甲羅が手のひらより一回りほど小ぶりではありますが、にもかかわらず、脚の方に着目すると、長いことが特色です。
主として蟹のお味噌汁であったり、炊き込みご飯であったりといった形で口にされます。

ウチの旦那は昔から蟹が大好きで、シーズンのたびに通販で蟹を注文しては、一人で全部食べてしまうのだから呆れたものです。



でも、主人一人が楽しむより、家族団らんで食べられるように今後はしたいなと思っています。
こういうニーズに合った商品が、冷凍のポーションタイプです。


活蟹とは違い、既に身をさばいて殻も取り除いてあるため、家族で蟹鍋や蟹しゃぶをしたいときにも普通の蟹よりずっと楽に使えます。
これなら、子供のために殻を剥いてあげる必要もなく、存分に蟹の魅力を楽しめます。



お子様のいる家庭にお勧めの商品といえます。